行政書士とは

行政書士とは、行政書士法(昭和26年2月22日法律第4号)に基づく国家資格者で、他人の依頼を受け報酬を得て、役所に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成等を行う者をいいます。

業務は、依頼された通りの書類作成を行う代書的業務から、複雑多様なコンサルティングを含む許認可手続きの業務まで行っており、高度情報通信社会における行政手続きの専門家といわれております。

行政書士は「あなたの街の法律家」です。依頼者が気軽に何でもご相談できるよう心がけています。

お困りごとがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

守秘義務について

行政書士には、顧客の秘密を守る義務があります。これは行政書士法に定められています。

(秘密を守る義務)
第12条 行政書士は、正当な理由がなく、その業務上取り扱った事項について知り得た秘密を漏らしてはならない。行政書士でなくなった後も、また同様とする。
第22条 第12条(秘密を守る義務)の規定に違反した者は、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処する。
2 前項の罪は、告訴がなければ公訴を提起することができない。

行政書士として仕事上、知り得た秘密は決して漏らしてはいけませんし、業務上取り扱った案件は、全て必要事項を記載した案件簿として、記録・保管する義務もあります。その案件を記録・保管した帳簿自体も厳重に管理する義務もあります。これには、パソコンなどデータ化された記録も含みます。
行政書士は、依頼者の一身上の秘密、業務上の秘密の相談にのり、事実証明に関する書類の作成業務を業としております。この様な業をするものが、むやみに依頼者の秘密を漏らすようでは、信用問題にもなりますので仕事を依頼できないことになります。行政書士の業として最重要視されている、秘密事項を遵守することは、行政書士でなくなった後も、義務は継続します。

業務と報酬について

行政書士業務は数多くあり、全国46000人(H29現在)いる行政書士の先生方はそれぞれ専門業務をもち、また報酬もいろいろであります。
同じ書類ならとか、許認可とれるなら安い方がいいと思われますが、アフターフォローであったり丁寧さであったりとサービスの内容にも差があります。
お客様のニーズにあった行政書士といかに出会うかというのも大切だと思います。
当事務所もお客さまのニーズに最大限にお応えし、費用もご満足いただけるようがんばりたいと考えおります。